• ブログ
  • 演劇体験会では、なにをするの?

体験会でなにをするの?ということを説明できればと思います。

blog-thumb

こんにちは
株式会社空き家総合研究所の原(ハラ)と申します。

私自身、大学生の頃は演劇をしており、主に役者と大道具(舞台作成等の裏方)を担当していました。

今回は、体験会ではなにをするの?ということを説明できればと思います。

体験会の流れ

体験会は主に下記の3つから構成されています。

①脚本の読み込み・理解
②シーンづくり
③発表会

「練習(①+②)」と「本番(③)」をグルグルとまわしていくのがこの教室の流れです。


①脚本の読み込み・理解

脚本から登場人物の感情を読み解いたり
ある時には自分なりに推察したりして
脚本に対する理解を深めていきます。

もちろん自分が演じる役以外の人物の
感情の動きなども知っておく必要があります。

②シーンづくりでは

脚本から感じ取った感情などをもとに
どのように演じればよいかを考え
実際に演じてみて
どのように見えるかを検証していく

ことになります。

自分が伝えたい感情が上手に伝わらない経験や
どのように表現してよいのか分からない経験など

多くの「表現」「コミュニケーション」に対する
難しさを感じる場面かと思います。

③発表会では

いままでの練習の成果を発表するために
簡易的な照明・音響を付けた公演を行います。

保護者の方や親族、ご友人などを観客として招待して
ひとつの演劇の公演を作り上げてもらいます。

当人たちにとっては緊張の舞台となるでしょう。


上記の①~③を
3か月(約10回程度)を1サイクルとして
グルグルまわしていくことになります。

内容にご興味を持たれた方は、是非お気軽にお問合せください。


吹田で見学🔍